人間関係・恋愛・結婚・妊活

【妊活力クラス】妊娠したい?そんなあなたに知ってもらいたい事

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆっきー先生
看護師・助産師・保健師/女性の心や体の健康を支える専門家/女性のライフコーチ/医療・恋愛・婚活ライター 看護師歴15年。産科・精神科・不妊クリニック・訪問看護の勤務経験あり。仕事・人間関係・恋活・婚活で失敗経験多数。婚活をあきらめ地方に移住。その後、婚活再開し国際婚活を経てアメリカ人男性と婚約中♡ 失敗を多く乗り越えた経験を生かし、現在は【おとな女子の保健室】のゆっきー先生として活躍。 ★ライターやセミナー・講演の依頼はこちらからお願いします! yuki.california7@gmail.com
詳しいプロフィールはこちら

Hello〜!

ゆっきー先生だよ!(@yukicalifornia7)

おとな女子の保健室では、妊活・不妊・看護師の転職・アラフォー婚活など悩みをもつ女性のためのクラスを開講したよ!

 

さて、今日は「妊活力クラス」としてあなたが妊娠したいと思ったら、ぜひ知ってもらいたいことをお話させてね!

スポンサーリンク

 

妊活クラス?ゆっきー先生って誰よ?

そもそもそんな話をするゆっきー先生って誰よ?って思ったらこちらをどうぞ!

【自己紹介】ゆっきー先生 

妊活や不妊に関していえば、私は大学卒業時に看護師・助産師の資格を取得して産科・婦人科・不妊クリニックでの勤務軽経験があるよ!

 

とくに生殖医療分野には興味が高くてたくさん勉強もした。

その臨床経験で得た知識やその後学んだことを生かしていきたいと思っているよ!

 

もちろん、このブログは医療機関が提供するものではないので、必要と思ったら必ず自身の判断で医療機関を受診してね!

 

スポンサーリンク

妊娠したいあなたに知ってもらいたいこと

妊娠したいと思ったら、まずはこれを知ってもらいたい。

  1.  女性の年齢による妊娠率の変化
  2.  女性には妊娠・出産の適齢期があること
  3.  あなたの年齢・状況によって妊活・不妊治療の始め方は違うこと
  4.  妊活にはパートナーの意向や協力も大事
  5.  不妊治療をしても妊娠できないこともある。女性だけが原因でもない。
  6.  人生の選択肢の一つとして不妊治療がある

一つずつみていこう!

1.女性の年齢による妊娠率の変化

今は妊活や不妊に関する情報も溢れて知っている人がほとんどだけど、女性の年齢が上がるにつれて妊娠ができる可能性は低くなるよ。

健康な夫婦やカップルが、1年間避妊をせずにタイミングをとった場合、30歳以下なら約80%、35歳までなら約60%、35歳以上の人なら約40%が自然に妊娠すると言われているよ。

 

ね?年齢が上がるにつれて、妊娠率も下がってきているでしょ?

 

この妊娠率が下がることは、高度な不妊治療を受けている女性について調べた統計でも出ているよ。

「ART妊娠率・生産率・流産率 2017」日本産科婦人科学会2017年ARTデータブック

※ART(assisted reproductive technology)生殖補助医療

 

この統計は日本産科婦人科学会が、毎年ART登録施設へ調査をして報告しているもの。

少し細かい部分もあるけど、不妊治療を始めようとしたときクリニックから、この表を見ながら妊娠の可能性の説明を受けることもあるかもしれない。

もし治療を始めるとき「私の年齢だとだいたいどのくらいの妊娠率になるのかな?」と確認する目安にもなるよ。

 

このARTの治療成績は不妊治療を受けた人に限られているけど、どの治療でも30歳を過ぎると妊娠率はゆるやかに下降し始める。

そして、37〜38歳くらいから妊娠率が急な下降のラインになるよ。

 

もちろん不妊治療を受けていない女性が自然に妊娠することもあるし、この数字だけがすべてではないよ。

でも、年齢が上がれば妊娠する可能性は確実に低くなることは覚えておこう。

 

2. 女性には妊娠・出産の適齢期があること

不妊治療の成績をみて、少し驚いた人もいるかもしれない。

でもこれが現実。

 

妊娠や出産が女性の人生のすべてではないけど、やはり女性の体には妊娠・出産に適した時期があるんだよね。

 

「私、食事や運動にも気をつけてるし、これまで病気にもなったことがないから大丈夫!」って思うよね。

でも妊娠の可能性を大きく左右するのは「質の良い卵子が育つ生理周期がどのくらいあるかどうか」だよ。

 

この卵子(正確には卵子を育てる卵胞のなかにある原始卵胞)は、私たち女性がお母さんの胎内にいるときに、もっとも多く卵巣のなかにあるよ。(約200万個)

これが女性が生まれて成長するにつれ原始卵胞は減っていって、「子供が欲しい!」となる生殖年齢のときには、20〜30万個に減ってしまうの。

その後もどんどん減り続けていって、1000個/月がずっと減っていってしまってるよ。

「それじゃあ、1個でも卵子が残っていれば妊娠するんじゃないの?」っと思うよね。

でも卵胞自体も数が少なくなるだけでなく、卵胞として育ってもその機能や質が低下していく。

だから、質の高くない卵子が精子に出会って、受精卵になったとしても、うまく育たないなんてことが多くなる。

 

年齢が高くなると、生理周期によって良い卵子が育つ機会も減り、なおかつその良い卵子が毎月排卵する確率も減り、妊娠しにくい状況を作っていくってことなんだよね。

 

よって、女性が妊娠をしたいと思ったら、20代〜30代と年齢が早いほどよく、やはり妊娠・出産の適齢期があることを知ることが超大事。

 

3. あなたの年齢・状況によって妊活・不妊治療のはじめ方は違うこと

「もう30代半ばだし、もうそろそろ妊娠のことも考えなきゃ」と思うのなら、不妊治療を含めて本気で妊活を考えた方がいいかもしれない。

それが20代女性なら、まだ時間的なリミットもあるし、不妊の原因になる病気などがなければ、それほど焦る必要はないはず。

 

そもそも不妊症は、日本産科婦人科学会によれば「妊娠を望む健康な男女が避妊しないで性交をしているにもかかわらず、一定期間妊娠しないもの」と定義されているよ。

この一定期間も「1年」が一般的であるとしているの。

公益社団法人 日本産科婦人科学会 「不妊症」

だから、35歳以上の女性なら1年間、40歳以上の女性なら半年頑張っても妊娠しない場合は、そこが治療を始めるタイミングと考えることも一つの目安だよ!

ただし、この年齢や期間に限らず「やっぱり妊娠しないな」「おかしいな」と夫婦で思うのなら、そこがその夫婦が不妊治療を開始するタイミングだと思う。

 

4. 妊活にはパートナーの意向や協力も大事

私の年齢もあるし、早く妊娠しなきゃ!って焦るよね?

そして、ダンナさんに「早く!早く!」って急かしてない?

 

妊活や不妊治療は女性だけが取り組むのではなく、やはり夫婦で協力して取り組むことが大事だよ!

だから、妊活・不妊治療にステップアップするときも、夫婦でよく話しあって決めていこう!

 

一番大事なのは、妊活・不妊に限らず夫婦が幸せであること・生まれてくる子供が幸せに育つことのできる環境がそこにあるかということ。

あと、忘れてならないのは、不妊治療にはお金と時間がかかることが多いよ。

ここに興味深い調査が出ているよ。

 

NPO法人Fine(ファイン)〜現在・過去・未来の不妊体験者を支援する会〜が実施した「不妊治療と経済的負担に関するアンケート2018」結果のレポートによると、

  • 体外受精・顕微授精1周期あたりの治療費が50万円以上と答えた人が2010年の調査と比べて2.5倍となる
  • 経済的な負担が心配だから、不妊は心配であるものの治療をしたことがない人が多い
  • 若い世代の半分以上が経済的な理由が原因で治療を断念している

※体外受精:卵巣から卵子を取り出して精子と受精させて、受精卵を子宮に戻す

※顕微授精:一つの精子をピックアップして卵巣から取り出した卵子に直接注入する

と、こんな結果になっている。

 

そうなの。

不妊治療は基本的に保険適用外になるから、治療費は高いと言わざるを得ない。

同じ調査で、不妊治療に通院をはじめてからの治療費の総額として、以下のようになっていたよ。

  • 100〜200万円未満 24 %
  • 10〜50万円未満 19%
  • 50〜100万円未満 16%
  • 200〜300万円未満 13%

ここで注目すべきは、300〜500万円未満が12%、500万円以上が7%と割合は少ないものの、過去2010年と2013年の調査から比べて増えてきていること。

 

経済的な問題は夫婦にとっても、たとえ妊娠を望むとしても切り離せない問題だよね。

もちろん助成金制度もあるけど、十分とは言えないし所得制限にかかることもある。

 

となれば、自分の年齢と経済面、そしてダンナの意向や協力は、とくにある程度の期間、不妊治療に専念しなければならない女性にとっては、考えるべき大きなポイントになると思う。

 

5. 不妊治療をしても妊娠できないこともある。女性だけが原因でもない。

自分たちでまずは妊活を始めても、なかなか妊娠しないってこともあるよね。

それなら「不妊治療を始めよう!」って思ったとき、なんとなく「不妊治療をしさえすれば必ず妊娠できるかも?」と期待を抱くこともあるかもしれない。

 

でも、不妊治療を始める年齢や妊娠がしづらい原因があるかどうかなどによって、不妊治療を始めても必ずしも全員が妊娠するとは限らないことを知っておこう。

 

もちろん、不妊クリニックの先生はベストな治療を提供してくれるし、最善を尽くしてもくれるよ。

そんななか、なかなか結果が出ないと期待が大きい分つらくなる。

そこで、女性がやりがちなのは「自分のせいだ」と責めてしまうこと。

 

心が苦しいよね。

だって、自分では卵子の質を上げたり、時間を巻き戻したり、どうにもできないのだから。

 

でも、不妊症になる原因は女性だけにあるわけではないよ。

WHO(世界保健機構)の統計によると、不妊症の原因は以下のようになっているよ。

  • 女性側のみ 41%
  • 男性側のみ 24%
  • 男性・女性お互いにある 24%
  • 原因がわからない 11%

夫婦の約半分には男性の方にも原因があるんだよね。

そして、どの不妊治療施設に通っていても、明らかにこれだとわかる不妊の原因って特定できないことが多いよ。

色々な原因が複合して起きているかもしれないし、ただ良い卵子がタイミングよく育っていないだけかもしれない。

 

ある程度の治療費がかかる・妊娠という結果が得られないかもしれないという、不確かな状況のなかで受けるのが不妊治療であることも知っておこう。

 

6. 人生の選択肢の一つとして不妊治療がある

妊娠したいと思って、妊活・不妊治療をして妊娠ができたら、それはとても嬉しいことだし、夫婦にとっても最高なことだと思う!

 

でも、これまでみてきたように妊活や不妊治療をしても全ての女性が妊娠できるとはいえないよ。

 

もちろん若い世代で適切な時期に妊活や不妊治療をスタートすれば、妊娠の可能性を高めることはできるし、一方で不妊治療をしていなくてもアラフォー女性が自然妊娠をすることだってある。

 

(健康的な)どの年齢の女性であっても良い卵子が育った周期にタイミングよく妊娠した、という確率の問題が大きい。

なんども言うけど、妊活・不妊治療をする夫婦やカップルにとって一番大切なのは、自分たちも幸せでいて、さらに将来生まれてくる子供にもその幸せがあるかということだよ!

そのあなたの幸せを手伝う一つの方法として、不妊治療があるんだと思う。

 

でも人生の幸せって子供が生まれてくることだけでもないよね。

もちろん、子供が生まれたらそれはとてもHappyなこと。

 

「たとえ子供ができなくても、夫婦で納得して選んだ人生なら、これからも変わらず一緒に年を重ねていくことができる」

そう思いながら妊活・不妊治療をすすめていくのが理想なのかなと思う。

 

スポンサーリンク

まとめ

さて、ここまで長くなったけど、私の一個人としての見解を伝えてみたよ。

だから、「私はそうは思わない」「それって違うと思う」って思う箇所もあるかもしれない。

でも、私としては「妊活をしたい」と思う女性に、私が伝えたいことを述べたつもりだよ!

そんな女性たちの参考になれたら嬉しいです。

おとな女子の保健室

ゆっきー先生

 

大丈夫?

まだ

一人で悩んでる?

妊活・不妊

看護師の仕事や転職

恋活・婚活…etc

 

もう一人で

悩まなくていいよ!

 

看護師歴15年&

数々の失敗を乗り越えてきた

ゆっきー先生に

その悩み、相談してみて!

 

今だけの無料相談

で解決方法を一緒に考えるよ!

 

一人悩んであれほど苦しかった

あなたの大切な心や体を

スッキリさせよう!

 

なりたい人生を

手にいれよ♡

おとな女子の保健室

開室日:不定休

開室時間:9:00〜17:00

(日本時間)

無料相談の詳しい内容は

こちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆっきー先生
看護師・助産師・保健師/女性の心や体の健康を支える専門家/女性のライフコーチ/医療・恋愛・婚活ライター 看護師歴15年。産科・精神科・不妊クリニック・訪問看護の勤務経験あり。仕事・人間関係・恋活・婚活で失敗経験多数。婚活をあきらめ地方に移住。その後、婚活再開し国際婚活を経てアメリカ人男性と婚約中♡ 失敗を多く乗り越えた経験を生かし、現在は【おとな女子の保健室】のゆっきー先生として活躍。 ★ライターやセミナー・講演の依頼はこちらからお願いします! yuki.california7@gmail.com
詳しいプロフィールはこちら

起業して人生変えたいと思ってる?

 

「私に起業ができるはずがない」

「看護師の仕事があるから無理」

 

そんなことないよ!

人生を変えたいなら、

行動してみよう!

 

ブログ初心者・看護師からの

起業も夢じゃない♡

ブログで使っているテーマはこちら↓

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© お悩み解決!おとな女子の保健室 , 2019 All Rights Reserved.