30代後半からの女性の人生指南書

お悩み相談・無料モニター募集

【2021年最新版】モントレーベイ水族館に行ってきた【アメリカ生活】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アラフォー女性専門パーソナルコーチ・看護師歴15年・ラジオパーソナリティ・Webライター
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、アラフォーからの人生を楽しむPodcasterのゆっきーYukkieです。

 

さて今回は最近の半日旅行で訪れた、世界的にも有名な人気の水族館「モントレーベイ水族館」についてです。

こちらでは周囲の学校も夏休みに入ったのと、ワクチン接種も進んでいることから国内旅行が盛んになりつつあります。

 

私たち夫婦もさらに人出が増える前にどこか近場に出かけよう、ということになり、以前から行きたいと思っていたモントレーベイ水族館に行ってきたわけです。

 

今回はその旅行記をお伝えします!

世界的に有名!「モントレーベイ水族館」とは

モントレーベイ水族館はカリフォルニア州のモントレー半島、キャナリーロウ地区にある水族館で、世界で最もすぐれた水族館のひとつとして知られています。

 

>>Monterey Bay Aquarium(英語)

 

サンフランシスコ国際空港からは車で約2時間半ほど、アラメダ郡の自宅からは車で約1時間半ほどでした。

もとはイワシの缶詰工場だった

モントレーベイ水族館のはじまりは1984年、もとはイワシの缶詰工場だった跡地に建設されたのもユニークなところです。

 

外観もいかにも水族館!という感じがなく、うまく元の缶詰工場の面影を残した建築物になっています。

 

館内に入るとすぐに缶詰工場に関する展示もみることができます。

 

500種類以上の動植物が3万5,000以上(!)展示されていて、カリフォルニア州固有の生物に出会えます。

 

毎年200万人以上の来場者が訪れるというから驚きですね。

 

スポンサーリンク

モントレーベイ水族館に行く前にチェック!

水族館には駐車場が併設されていないため、周辺の駐車場を利用する必要があります。

 

私たちが到着したのは平日の11時前くらいで、比較的かんたんに駐車場を見つけることができました。

ちなみに1日駐車可能で、料金は$20でした。(駐車場からは水族館まで歩いてすぐ)

 

現在、チケットはネットで前売りのみ

さて肝心のチケットですが、現在オンラインでのみ前売り券を購入することができます。

Adult $49.95
Youth $39.95
Child $34.95
Senior $39.95
4歳以下無料

私たちは訪問する約1ヶ月前ほどに予約をしたのですが、すでに早い時間の枠は埋まっていて一番早くて12時半からの入館チケットが買えました。

 

ちなみにメンバーになると10時から10時半までの予約枠のチケットが購入でき、10時半以降はメンバー制度に入っていない人たちが予約ができるシステムです。

 

一度入館すると閉館の5時まで館内で過ごすことができます。(最終入館は3時半)

モントレーベイ水族館もCovid-19の影響で数ヶ月間閉鎖されていて、2021年5月15日に一般公開が再開されました。

 

入館にはもちろんマスク着用、ソーシャルディスタンス確保などが求められます。

 

入館チケットの購入方法などは今後も異なってくると思うので、事前に確認が必要です。

 

スポンサーリンク

いざ!モントレーベイ水族館に入館

さて水族館に入る時間の15分前になったら、水族館脇にある集合場所に集まり、そこで少々待機。

 

水族館スタッフからの簡単な注意事項などの説明があり、時間になると入館です。

 

年配の夫婦や家族連れなどさまざまでしたが、夏休みでもありやはり家族連れが比較的多く見られました。

入り口でチケットを見せ、館内に入るとすぐに見えるのが大きなシャチ。

 

横には跡地の缶詰工場の展示があります。

 

館内地図は配布されていないのでInformationコーナーに行き、携帯電話で地図のバーコードをスキャンをします。館内はそれほど広くはないので地図を見なくとも歩いてまわれます。

 

スポンサーリンク

The Oceans Edge Area 

モントレーベイ水族館の一番の見どころは、オーシャンズ・エッジ棟の中心にあるケルプ・フォレスト(コンブの森)です。

 

高さ8.5メートル、長さ20メートルの水槽には人工的な環境で生きたケルプの森を、さまざまな種類の魚と一緒に見ることができます。

ガラスのトンネルには数分おきに自然の波が押し寄せてくるので、子どもたちには大人気でした。

 

ラッコの展示では、飼育係が毎日の健康診断を行う様子も見られます。

ペンギンの展示もありました。

スポンサーリンク

The Open Sea Area

次に訪れたオープンシーエリアでは、タコやイカといったユニークな魚が展示されていたり、クラゲもたくさんいます。

とくにクラゲの展示には多くの人たちが写真を撮っている人気のスポットでした。

色々と写真を撮ったりしながらゆっくり周りましたが、大体2時間ほどの滞在で満足しました!

 

スポンサーリンク

モントレーベイ水族館は一度は行く価値あり

今回初めて訪れたモントレーベイ水族館は、建物や展示のしかたもオシャレで、とくに子どもづれ家族にとってはとても楽しめる場所だと思います。

 

近くの観光地と含めて、一度はいく価値はありです。

 

ただ、チケット予約も必要で枚数制限はあるとはいえ、館内にはかなりの人がおり、全員マスクは着用しているものの、ソーシャルディスタンスを取るのは難しかったです。

モントレーベイ水族館の展示に夢中になってソーシャルディスタンスどころではなくなってしまいますが、ワクチン接種も全員がしているわけではなく、つねに感染に気をつける意識を持って楽しむ余裕が必要だと改めて感じた次第です。

 

モントレーベイ水族館に来た人のなかには、これまで行った水族館の中でも一番と思う人もいるはず。

家族で行くと値段も高く感じるかもしれませんが、観るべきもや触れるべきものがたくさんあるので、やはり一度は行くべきかと。

 

ただし週末はとても混雑するので、平日に行くことがおすすめです!

アラフォーからでも人生は変えられる

Yuki

この記事を書いている人 - WRITER -
アラフォー女性専門パーソナルコーチ・看護師歴15年・ラジオパーソナリティ・Webライター
詳しいプロフィールはこちら

起業して人生変えたいと思ってる?

 

「私に起業ができるはずがない」

「看護師の仕事があるから無理」

 

そんなことないよ!

人生を変えたいなら、

行動してみよう!

 

ブログ初心者・看護師からの

起業も夢じゃない♡

ブログで使っているテーマはこちら↓

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アラフォー♡おとな女史の保健室 , 2021 All Rights Reserved.