30代後半からの女性の人生指南書

お悩み相談・無料モニター募集

【歯の健康】アラフォーから本気で見なおすべき理由

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アラフォー女性専門パーソナルコーチ・看護師歴15年・ラジオパーソナリティ・Webライター
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、ゆきYukiです。

 

今日は【歯の健康】アラフォー世代から本気で見なおすべき理由」についてお話しします。

 

なぜ今さら【歯の健康】なのか?

実は最近、アメリカで歯科検診をしたときにかなりショックなことが起きたんです。

 

「歯周病のリスクがかなり高くなっている」とのこと。

 

30歳で歯列矯正をはじめてからは、歯のみがき方や定期的な歯科検診と歯のクリーニングなど、自分でも歯の健康にはかなり気をつけてきました。

 

なのでまさか自分が歯周病のリスクがかなり高いと指摘されるとは、思ってもみませんでした。

 

へこんでばかりでは何も始まりませんから、歯周病のリスクなどもしかしたら40代という年齢も関係するのかと思い調べてみたわけです。

 

スポンサーリンク

【歯周病】40代から増える可能性あり?

実はこの歯周病、40代からそのリスクが高まることがわかりました。

 

40代から歯周病リスクがたかまる理由はこちらです。

・40代の閉経前から女性ホルモンの分泌量がへる
・唾液の分泌量もへる
・ドライマウスになりやすい
・口のなかに食べかすなどが残りやすくなる
・歯垢や歯石がつきやすくなる
・口のなかに細菌が繁殖しやすくなる
・歯周組織の炎症をおさえる女性ホルモンのエストロゲンもへる
・よって虫歯や歯周病のリスクが高まる

更年期をむかえる前に女性ホルモン分泌がへることによって、歯の健康にもいろいろな影響をおよぼすわけです。

 

歯周病はより気をつけるべき病気でもある

歯周病については、みなさん聞いたことはもちろんあると思います。

 

歯と歯ぐきの間にできる歯周ポケットに歯周病菌がふえておきる病気ですが、生活習慣病のひとつともいわれています。

 

さらに口のなかで歯周病菌が菌を出しつづけると、その菌が血流にのって全身にはこばれて糖尿病や心臓病、認知症などの病気にも影響をおよぼすこともあります。

 

そう考えると、歯周病は単なる口のなかの問題だけではなく、全身に関わる病気や生活の質にもかかわってくるとも捉えられるのです。

 

スポンサーリンク

【今からできる】40代からの歯の健康を維持する方法

「いままで歯の健康なんてあまり考えてこなかった」「ただ歯みがきだけをきちんとしていればいいと思っていた」という女性も多いと思います。

 

わたしも「歯列矯正もしたし、毎食後歯みがきもしているし、なによりフロスやブラシで毎日歯間を掃除しているから大丈夫!」と安心していました。

 

でもよく考えれば、

・歯のすきまが気になる
・食事やはみがきで歯茎から血が出る
・起床時に口のなかがねばねばする
・喉がかわきやすくなった

など歯周病リスクの高い症状がすでに出ていたと、あとになって気づき反省しました。

 

【40代・健康な歯美人になるために】今からでもできること

40代から歯の健康を維持するために、今からでもできることはたくさんあります。

 

・歯科受診が遠のいている人はまずは歯科検診をうける
・定期的に歯科受診と歯のクリーニングはかかさない
・歯ブラシ以外にもデンタルフロスや歯間ブラシをつかう
・口の乾燥をふせぐために水分補給をこまめにおこなう
口腔体操で唾液の分泌をうながす

まずはできることを少しずつやり、習慣化できればいいのではと思います。

 

とくにおすすめはデンタルフロスを使って歯間の汚れを毎日しっかり落とすことです。

 

指で使うデンタルフロスははじめは慣れが必要ですが、慣れれば難なくつかうことが可能です。

 

正しい使い方を知ることも必要なので、歯科検診で歯科医や歯科衛生士に教えてもらうのも良いと思います。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】歯の健康をたもつグッズ

余談ですが、アメリカでは歯の健康を保つことがすごく大事で、歯の見た目をとても気にする文化です。

 

わたしも渡米してそれを実感しましたし、実際に国際婚活をした場面でも歯のエチケットには非常に気を使いました。

 

これからアメリカ人男性とよい出会いを期待したいという女性なら、なおさら歯の健康には十分気をつけるべきだと思います。

 

最後に歯と歯ぐきがキレイな「歯美人」になるために活躍するグッズをご紹介します。

 

▼歯列矯正時代、ガッチリ歯間を掃除するときに使っていました

▼普段つかっているデンタルフロス
 
▼歯間ブラシも常備です
 
▼歯みがきの仕上げにマウスウォッシュ
 
▼歯みがき粉はアメリカ製をつかっていますがホワイトニング効果をねらうなら、このような歯みがき粉もいいのではと思います。
 
 
30歳に歯列矯正をはじめて以来、歯みがきグッズはあらゆるものを試しましたが、わたしが今つかっているのは歯みがき粉以外はこのような感じです。
 
 
なにかお役に立てたらと思います。
 
 
スポンサーリンク

10年後20年後の健康をたもつ秘訣は【歯の健康】にあり

今この40代でいかに自分の歯の健康を保てるかが、のちの50代・60代の健康に深くかかわってくると思います。

 

まだ若い40代のうちに、女性なら閉経前に女性ホルモンの分泌がへっていく今だからこそ、本気で歯の健康にとりくむべきではないでしょうか。

 

今回のテーマ「【歯の健康】アラフォー世代から本気で見なおすべき理由」はラジオでも配信しています。

それではまた!

アラフォーからでも人生は変えられる

ゆき

2021年7月「アラフォー♡オトナ女史の保健室」を開設しました。

そこでは現在「女性のお悩み相談 無料モニター」を募集しています。

 

人生の岐路にあるアラフォー女性の以下のようなお悩み

・婚活・結婚
・妊活
・40代からの女性の生き方
・子どものいない人生の選択

に、30代半ばまでの生き方下手から40代で人生を180度変えたわたしが解決方法を一緒に考えます!

 

アラフォー女性だけでなく、アラサーやアラフィフ女性の方などももちろんOKです。

この機会にぜひご利用ください。

お申し込みはこちらです↓↓

この記事を書いている人 - WRITER -
アラフォー女性専門パーソナルコーチ・看護師歴15年・ラジオパーソナリティ・Webライター
詳しいプロフィールはこちら

起業して人生変えたいと思ってる?

 

「私に起業ができるはずがない」

「看護師の仕事があるから無理」

 

そんなことないよ!

人生を変えたいなら、

行動してみよう!

 

ブログ初心者・看護師からの

起業も夢じゃない♡

ブログで使っているテーマはこちら↓

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アラフォー♡おとな女史の保健室 , 2021 All Rights Reserved.